木のおもちゃ積み木の森では、遊び・体操・音楽など様々なイベントを通して子育てのお役に立ちたいと考えております

木のおもちゃ積み木の森

木のおもちゃ積み木の森

木のおもちゃ積み木の森は、木のおもちゃ・積み木で遊べるプレイルームです。

 積み木の森では各種木のおもちゃ・積み木・ドールハウス・ままごとセットを取り揃えております 積み木の森サイトマップ

積み木の形について

木のおもちゃ積み木の森 積み木で遊ぶことを考えた場合、「形」も重要です。

長女の誕生祝いに祖母からもらった積み木セットの場合(これが我が家の始めての積み木でした)、円柱、直方体、半円柱、四角柱などがバラバラに2〜4個ずつ入っていました。この積み木で子どもに「何か作って」とせがまれ、何か作ろうとしたが上手くいかず、とりあえず箱に印刷された写真の家を作りました。でも、その他に何か作ろうとしても結構困ったのです。

皆さんもそんな経験はないでしょうか?

この原因は、形にあるのです。いろいろな形のものが少量ずつ入っているので、何かを作っていると「もう1つと同じのがあれば、いいのになぁ」ということになり、結果として満足できないものになってしまうのです。

積み木で遊び込んでいくと分かるのですが、使うのはほとんど直方体なのです。横に伸ばすにも、上に伸ばすにも一番便利です。ですから、直方体を組み合わせればたいていの作品は作れてしまうのです。また、直方体はその組み合わせで、2つ横に並べたものと重ねたものを比べて、大きさ(体積)が同じにできるので遊ぶにも一番都合が良いともいえます。

ですから、後々のことを考えた場合、直方体をたくさん揃えたほうがよいのです。あとは「量」の項でも記していますが、長い直方体(2倍体、3倍体)は必ず必要になります。直方体や長い直方体(柱)は人類が発明した構造物を作るための最高の道具といわれており、物を作ったり、大きな空間を作ったりするには最適な形であり道具なのです。

積み木で遊ぶうちに、作品も大きく複雑なものになっていきます。積み木遊びの醍醐味はそこからであるともいえます。その段階になると1セットでは成立しません。少しずつ量を増やしていけばいいのです。

積み木の選び方サイズ(基尺)を揃える精度について色について|形について|
量について面取りについてスペースについて積み木の遊び方




お問い合わせ販売についてプライバシーポリシー運営者情報スズキメソード音楽教室リンク
Copyright(C)木のおもちゃ積み木の森 All Rights Reserved.